【5月のメルマガのネタ】読者が思わず開封するトリビア・話題をご紹介します

こんにちは。シノブです。

冒頭の挨拶でちょっとした時事ネタを入れたい方向けに、5月のメルマガで使えるネタをまとめてみました。

イチローが「野球を辞めたい」と言った5月

5月と言えば、これを書くと結構インパクトがあります。

実はあのイチローが「野球を辞めたい」と父に相談したことがあるのです。それは高校に入学してすぐの5月。練習試合に出場して相手の選手に散々打たれてしまった時に「野球を辞めたい」ともらしたことがあるそうです。

その時に、父の鈴木宣之さんは「後悔先に立たず、ということがある。自分でしっかりと考えなさい 」 とだけ伝えて見守ることに徹したそうです。くわしくはこちらのサイトを参照してください。

https://mail-marketing-works.com/wp-content/uploads/2019/04/parent_a09.png
パペン

偉大な選手だけに「辞めたい」と思っていたことがある話はインパクトがありますね。

https://mail-marketing-works.com/wp-content/uploads/2019/04/children_a04-e1555384504588.png
コペン

メルマガのタイトルにこれ書いたらインパクトありそう。

5月の◯◯の日

5月中に定められている◯◯の日の中でも、変わったものをいくつかピックアップしてご紹介します。

5月4日:スターウォーズデー

劇中に出てくる台詞「May the Force be with you」(フォースと共にあらんことを)を「May 4th」にかけて5月2日はスターウォーズデーとされています。

スターウォーズと言えば有名なのがダースベイダーですが、実はダースベイダーは仙台藩の初代藩主である伊達政宗をモデルにしています。ダースベイダーのあの特徴的なマスクは、伊達政宗の鎧兜を参考にしたことが「Star Wars: The Magic of Myth」という本の中で語られています。

5月10日:リプトンの日

紅茶で有名なブランド「リプトン」を展開した創業者のトーマス・リプトンの誕生日が5/10であることと、そのリプトンが初めて食料品店をオープンさせて日であることから、5/10はリプトンの日とされています。

5月23日:ラブレター(恋文)の日 & キスの日

5月23日はラブレターの日であり、キスの日でもあります。この2つの日が制定されたのはそれぞれ別の理由があるんです。

ラブレターの日に関しては、映画や演劇の制作を手がける松竹が作成した映画「ラブレター」のPRのために制定しました。5(こい)2(ぶ)3(み)の語呂合わせと、この日が映画ラブレターの公開初日であったことから、ラブレターの日となりました。

またキスの日に関しては、日本で初めてキスシーンが含まれた映画「はたちの青春」が公開されたことに由来します。

当時、映画の内容に関してもGHQの検閲の対象になっていて、完成した脚本を見てキスシーンを入れろと指示されたようです。

https://mail-marketing-works.com/wp-content/uploads/2019/04/parent_a05.png
パペン

どっちも映画が由来になってるんだね

https://mail-marketing-works.com/wp-content/uploads/2019/04/children_a08.png
コペン

GHQの検閲でキスシーン入れろって言われたっていうのが面白いね。肝心のキスシーン自体は、ほんの一瞬唇が触れる程度のキスだったらしいよ。

令和や元号に関するトリビア

2019年の5月といえば、新たな元号「令和」になる年でもありますね。今回はこの令和に関するトリビアもまとめていきます。

令和に込められた願いは「人々が美しく心を寄せ合う中で文化が生まれ育つ」こと

令和という元号は万葉集の「梅花の歌」の一文から取られた言葉で安倍総理の令和に関する談話では、このように述べられています。


悠久の歴史と香り高き文化、四季折々の美しい自然、こうした日本の国柄をしっかりと次の時代へと引き継いでいく、厳しい寒さの後に春の訪れを告げ、見事に咲き誇る梅の花のように、一人一人の日本人が明日への希望とともにそれぞれの花を大きく咲かせることができる、そうした日本でありたいとの願いを込め、令和に決定致しました。


文化を育み、自然の美しさを愛でることができる平和な日々に、心からの感謝の念を抱きながら、希望に満ち溢れた新しい時代を国民の皆様と切り開いていく。新元号の決定にあたり、その決意を新たにしております。


https://www.huffingtonpost.jp/entry/reiwa-abe_jp_5ca17f54e4b0474c08d0b676

これまでの元号の合計は247個

ちなみに、日本でこれまで制定された元号はこれまで247個あります。これがその一覧です。

# 西暦 元号 読み 年数
1 645~650 大化 たいか 6
2 650~654 白雉 はくち 5
654~686 32
3 686 朱鳥 しゅちょう
すちょう
あかみとり
2か月
686~701 15
4 701~704 大宝 たいほう
だいほう
4
5 704~708 慶雲 きょううん
けいうん
5
6 708~715 和銅 わどう 8
7 715~717 霊亀 れいき 3
8 717~724 養老 ようろう 8
9 724~729 神亀 じんき 6
10 729~749 天平 てんぴょう
てんびょう
21
11 749 天平感宝 てんぴょうかんぽう
てんびょうかんぽう
3か月
12 749~757 天平勝宝 てんぴょうしょうほう
てんびょうしょうほう
9
13 757~765 天平宝字 てんぴょうほうじ
てんびょうほうじ
9
14 765~767 天平神護 てんぴょうじんご
てんびょうじんご
3
15 767~770 神護景雲 じんごけいうん 4
16 770~781 宝亀 ほうき 12
17 781~782 天応 てんおう
てんのう
2
18 782~806 延暦 えんりゃく 25
19 806~810 大同 だいどう 5
20 810~824 弘仁 こうにん 15
21 824~834 天長 てんちょう 11
22 834~848 承和 じょうわ
しょうわ
15
23 848~851 嘉祥 かしょう
かじょう
4
24 851~854 仁寿 にんじゅ 4
25 854~857 斉衡 さいこう 4
26 857~859 天安 てんあん
てんなん
3
27 859~877 貞観 じょうがん
じょうかん
19
28 877~885 元慶 がんぎょう
かんきょう
げんけい
9
29 885~889 仁和 にんな
にんわ
5
30 889~898 寛平 かんぴょう
かんぺい
かんへい
10
31 898~901 昌泰 しょうたい 4
32 901~923 延喜 えんぎ 23
33 923~931 延長 えんちょう 9
34 931~938 承平 じょうへい
しょうへい
8
35 938~947 天慶 てんぎょう
てんきょう
10
36 947~957 天暦 てんりゃく 11
37 957~961 天徳 てんとく 5
38 961~964 応和 おうわ 4
39 964~968 康保 こうほう 5
40 968~970 安和 あんな
あんわ
3
41 970~974 天禄 てんろく 4
42 974~976 天延 てんえん 4
43 976~978 貞元 じょうげん 3
44 978~983 天元 てんげん 6
45 983~985 永観 えいかん 3
46 985~987 寛和 かんな
かんわ
3
47 987~989 永延 えいえん 3
48 989~990 永祚 えいそ 2
49 990~995 正暦 しょうりゃく 6
50 995~999 長徳 ちょうとく 5
51 999~1004 長保 ちょうほう
ちょうほ
6
52 1004~1013 寛弘 かんこう 9
53 1013~1017 長和 ちょうわ 6
54 1017~1021 寛仁 かんにん 5
55 1021~1024 治安 じあん 4
56 1024~1028 万寿 まんじゅ 5
57 1028~1037 長元 ちょうげん 10
58 1037~1040 長暦 ちょうりゃく 4
59 1040~1044 長久 ちょうきゅう 5
60 1044~1046 寛徳 かんとく 3
61 1046~1053 永承 えいしょう
えいじょう
8
62 1053~1058 天喜 てんぎ
てんき
6
63 1058~1065 康平 こうへい 8
64 1065~1069 治暦 じりゃく 5
65 1069~1074 延久 えんきゅう 6
66 1074~1077 承保 じょうほう
しょうほう
じょうほ
しょうほ
4
67 1077~1081 承暦 じょうりゃく
しょうりゃく
5
68 1081~1084 永保 えいほう
えいほ
4
69 1084~1087 応徳 おうとく 4
70 1087~1095 寛治 かんじ 8
71 1095~1097 嘉保 かほう 3
72 1097~1097 永長 えいちょう 2
73 1097~1099 承徳 じょうとく
しょうとく
3
74 1099~1104 康和 こうわ 6
75 1104~1106 長治 ちょうじ 3
76 1106~1108 嘉承 かしょう
かじょう
3
77 1108~1110 天仁 てんにん 3
78 1110~1113 天永 てんえい 4
79 1113~1118 永久 えいきゅう 6
80 1118~1120 元永 げんえい 3
81 1120~1124 保安 ほうあん 5
82 1124~1126 天治 てんじ 3
83 1126~1131 大治 だいじ 6
84 1131~1132 天承 てんしょう
てんじょう
2
85 1132~1135 長承 ちょうしょう
ちょうじょう
4
86 1135~1141 保延 ほうえん 7
87 1141~1142 永治 えいじ 2
88 1142~1144 康治 こうじ 3
89 1144~1145 天養 てんよう 2
90 1145~1151 久安 きゅうあん 7
91 1151~1154 仁平 にんぺい
にんぴょう
4
92 1154~1156 久寿 きゅうじゅ 3
93 1156~1159 保元 ほうげん 4
94 1159~1160 平治 へいじ 2
95 1160~1161 永暦 えいりゃく 2
96 1161~1163 応保 おうほう
おうほ
3
97 1163~1165 長寛 ちょうかん 3
98 1165~1166 永万 えいまん 2
99 1166~1169 仁安 にんあん
にんなん
4
100 1169~1171 嘉応 かおう 3
101 1171~1175 承安 じょうあん
しょうあん
5
102 1175~1177 安元 あんげん 3
103 1177~1181 治承 じしょう 5
104 1181~1182 養和 ようわ 2
105 1182~1184 寿永 じゅえい 3
106 1184~1185 元暦 げんりゃく 2
107 1185~1190 文治 ぶんじ 6
108 1190~1199 建久 けんきゅう 10
109 1199~1201 正治 しょうじ 3
110 1201~1204 建仁 けんにん 4
111 1204~1206 元久 げんきゅう 3
112 1206~1207 建永 けんえい 2
113 1207~1211 承元 じょうげん 5
114 1211~1214 建暦 けんりゃく 3
115 1214~1219 建保 けんぽう
けんぽ
けんほう
7
116 1219~1222 承久 じょうきゅう
しょうきゅう
4
117 1222~1224 貞応 じょうおう 3
118 1224~1225 元仁 げんにん 2
119 1225~1228 嘉禄 かろく 3
120 1228~1229 安貞 あんてい 3
121 1229~1232 寛喜 かんぎ
かんき
4
122 1232~1233 貞永 じょうえい
ていえい
2
123 1233~1234 天福 てんぷく
てんふく
2
124 1234~1235 文暦 ぶんりゃく 2
125 1235~1238 嘉禎 かてい 4
126 1238~1239 暦仁 りゃくにん 2
127 1239~1240 延応 えんおう
えんのう
2
128 1240~1243 仁治 にんじ 4
129 1243~1247 寛元 かんげん 5
130 1247~1249 宝治 ほうじ 3
131 1249~1256 建長 けんちょう 8
132 1256~1257 康元 こうげん 2
133 1257~1259 正嘉 しょうか 3
134 1259~1260 正元 しょうげん 2
135 1260~1261 文応 ぶんおう 2
136 1261~1264 弘長 こうちょう 4
137 1264~1275 文永 ぶんえい 12
138 1275~1278 建治 けんじ 4
139 1278~1288 弘安 こうあん 11
140 1288~1293 正応 しょうおう 6
141 1293~1299 永仁 えいにん 7
142 1299~1302 正安 しょうあん 4
143 1302~1303 乾元 けんげん 2
144 1303~1307 嘉元 かげん 4
145 1307~1308 徳治 とくじ 3
146 1308~1311 延慶 えんぎょう
えんきょう
えんけい
4
147 1311~1312 応長 おうちょう 2
148 1312~1317 正和 しょうわ 6
149 1317~1319 文保 ぶんぽう
ぶんぽ
ぶんほう
3
150 1319~1321 元応 げんおう 3
151 1321~1324 元亨 げんこう 4
152 1324~1326 正中 しょうちゅう 3
153 1326~1329 嘉暦 かりゃく 4
154 1329~1331 元徳 げんとく 3
  (大覚寺統)    
154 1329~1332 元徳 げんとく 4
  (持明院統)    
155 1331~1334 元弘 げんこう 4
  (大覚寺統)    
156 1332~1333 正慶 しょうけい
しょうきょう
2
  (持明院統)    
157 1334~1336 建武 けんむ 3
157 1334~1338 建武 けんむ 5
158 1336~1340 延元 えんげん 5
159 1338~1342 暦応 りゃくおう
れきおう
5
160 1340~1347 興国 こうこく 7
161 1342~1345 康永 こうえい 4
162 1345~1350 貞和 じょうわ
ていわ
6
163 1347~1370 正平 しょうへい 25
164 1350~1352 観応 かんおう
かんのう
3
165 1352~1356 文和 ぶんな
ぶんわ
5
166 1356~1361 延文 えんぶん 6
167 1361~1362 康安 こうあん 2
168 1362~1368 貞治 じょうじ
ていじ
7
169 1368~1375 応安 おうあん 8
170 1370~1372 建徳 けんとく 3
171 1372~1375 文中 ぶんちゅう 4
172 1375~1381 天授 てんじゅ 7
173 1375~1379 永和 えいわ 5
174 1379~1381 康暦 こうりゃく 3
175 1381~1384 弘和 こうわ 4
176 1381~1384 永徳 えいとく 4
177 1384~1392 元中 げんちゅう 9
178 1384~1387 至徳 しとく 4
179 1387~1389 嘉慶 かきょう
かけい
3
180 1389~1390 康応 こうおう 2
181 1390~1394 明徳 めいとく 5
182 1394~1428 応永 おうえい 35
183 1428~1429 正長 しょうちょう 2
184 1429~1441 永享 えいきょう 13
185 1441~1444 嘉吉 かきつ
かきち
4
186 1444~1449 文安 ぶんあん 6
187 1449~1452 宝徳 ほうとく 4
188 1452~1455 享徳 きょうとく 4
189 1455~1457 康正 こうしょう 3
190 1457~1461 長禄 ちょうろく 4
191 1461~1466 寛正 かんしょう 7
192 1466~1467 文正 ぶんしょう 2
193 1467~1469 応仁 おうにん 3
194 1469~1487 文明 ぶんめい 19
195 1487~1489 長享 ちょうきょう 3
196 1489~1492 延徳 えんとく 4
197 1492~1501 明応 めいおう 10
198 1501~1504 文亀 ぶんき 4
199 1504~1521 永正 えいしょう 18
200 1521~1528 大永 たいえい
だいえい
8
201 1528~1532 享禄 きょうろく 5
202 1532~1555 天文 てんぶん
てんもん
24
203 1555~1558 弘治 こうじ 4
204 1558~1570 永禄 えいろく 13
205 1570~1573 元亀 げんき 4
206 1573~1593 天正 てんしょう 20
207 1593~1596 文禄 ぶんろく 5
208 1596~1615 慶長 けいちょう
きょうちょう
20
209 1615~1624 元和 げんな 10
210 1624~1645 寛永 かんえい 21
211 1645~1648 正保 しょうほう
しょうほ
5
212 1648~1652 慶安 けいあん
きょうあん
5
213 1652~1655 承応 じょうおう 4
214 1655~1658 明暦 めいれき
めいりゃく
4
215 1658~1661 万治 まんじ 4
216 1661~1673 寛文 かんぶん 13
217 1673~1681 延宝 えんぽう
えんほう
9
218 1681~1684 天和 てんな
てんわ
4
219 1684~1688 貞享 じょうきょう 5
220 1688~1704 元禄 げんろく 17
221 1704~1711 宝永 ほうえい 8
222 1711~1716 正徳 しょうとく 6
223 1716~1736 享保 きょうほう
きょうほ
21
224 1736~1741 元文 げんぶん 6
225 1741~1744 寛保 かんぽう
かんぽ
かんほう
4
226 1744~1748 延享 えんきょう 5
227 1748~1751 寛延 かんえん 4
228 1751~1764 宝暦 ほうれき
ほうりゃく
14
229 1764~1772 明和 めいわ 9
230 1772~1781 安永 あんえい 10
231 1781~1789 天明 てんめい 9
232 1789~1801 寛政 かんせい 13
233 1801~1804 享和 きょうわ 4
234 1804~1818 文化 ぶんか 15
235 1818~1831 文政 ぶんせい 13
236 1831~1845 天保 てんぽう
てんほう
15
237 1845~1848 弘化 こうか 5
238 1848~1855 嘉永 かえい 7
239 1855~1860 安政 あんせい 7
240 1860~1861 万延 まんえん 2
241 1861~1864 文久 ぶんきゅう 4
242 1864~1865 元治 げんじ 2
243 1865~1868 慶応 けいおう 4
244 1868~1912 明治 めいじ 45
245 1912~1926 大正 たいしょう 15
246 1926~1989 昭和 しょうわ 64
247 1989~2019 平成 へいせい 31
248 2019~ 令和 れいわ  
https://mail-marketing-works.com/wp-content/uploads/2019/04/parent_a09.png
パペン

令和で248個目です。ちなみに実は明治以前の元号の読み方は示されていないらしいよ。

過去に1番短かった元号は「朱鳥」の2ヶ月

https://mail-marketing-works.com/wp-content/uploads/2019/04/children_a04-e1555384504588.png
コペン

どうしちゃったんだろうね

1 COMMENT

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)