「頑張らない環境つくり」を頑張ろう

こんにちは。シノブです。

今日はマインドの話です。
頑張り過ぎちゃう人とか
真面目すぎる人って
結構この発想が無い人が
多いように思うので、
書いていきたいと思います。

頑張りには限界がある

例えば収入を5倍に増やそうと思ったら
生産性を5倍に上げる必要がありますが、
そのために5倍行動するのは
やっぱり無理がありますよね。

結果を出すために
短期的に集中して一気に行動する。
それが必要な場面はあると思いますが
長期的には絶対に無理です。

頑張りすぎると体調を崩します。
うつ病にかかってしまい
半年~1年間くらいの時間
何も出来ずに苦しい思いをした。
そんな友人知人は結構います。

時間で解決する癖がある人は
ずっと生産性上がらない

実は僕のことでもあるんですが、
仕事とかやるべきことを
時間で解決しようとする人は
生産性はずっとあがりません。

僕は会社に勤めていた頃、
辞めるまでの4年半の間
ほとんど土日も仕事をしていました。

というのも、僕の仕事の仕方として
仕事を「時間」で解決する癖があったんです。
土日にやればいいや、とか
営業時間外に回そう、とか。

目標のために頑張るという経験自体は
今の自分にとっても良い経験だと感じますが、
他のやり方はあったなと思います。

仕事や、やるべきことを
「自分の時間」だけでしか
解決できない仕事の仕方だと
生産性はずっと変わりません。

後述しますが、成長のためには
時間が必要なこともあります。
成長に時間を使うためにも、
仕事を時間で解決する癖は
直していきましょう。

「頑張らない環境つくり」を頑張ろう

worksでメルマガ運用を学んでいくことも
頑張らなくて済む環境つくりの1つです。

頑張らないといけないことは
普通に生活していたって自然と増えます。
その全てを頑張ることは無理です。

だからこそ「頑張らない環境つくり」を
頑張って行っていきましょう。
そのためには成長する必要があったり、
環境つくりに少し時間がかかるかもしれません。

だけどその環境ができれば、
やらなくていいことはやらずに、
やるべきこと、やりたいことを
精一杯がんばれます。

これを読んでくれている人は
基本的に頑張りやさんだと思うんです。
人から期待されれば頑張っちゃうし
相手が喜ぶことは頑張っちゃう。
そういう素敵な人だと思うんです。

だけど仕事が忙しかったり
やるべきことにばっかり
時間を取られてしまって
心を無くす人もいると思います。

だからこそ、自分が動かなくても
物事が動いていったり、
誰かに任せることが出来る。
そんな「頑張らない環境つくり」
これを頑張っていきましょう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)