メルマガのセールスに自信を持つ方法

こんにちは。シノブです。

僕は自分のコンテンツやセールスは自信を持って行っています。そのために、作っているコンテンツや情報発信のスタンスを以下の観点でよく考えています。セールスに自信を持てないという方の参考になれば幸いです~

メルマガでのセールスに自信が無い人は、小さな2つの自信を持てるようになろう

セールスに自信を持つためには、セールスに必要な2つの要素への自信を持つことが大切かなって思います。

価値と価格への自信

自分の提供するコンテンツやサービスを、自分だったら買いますか? 自分の提供するコンテンツやサービスを高いと思っていますか?安いと思っていますか?高いと思っていると自信は持てません。安い!自分だったら絶対に買うわ!と思えるようになると、自信は湧いてきます。

セールスをする時に「価格をこんなに高くして本当に売れるのか」っていう疑問が必ず出てくると思うんですよね。

ですが価格だけで高い・低いって無いんですよね。商品代金100万円ってパッと見たら高いって思うかもしれません。だけど、その商品が新築の一軒家だったらどうですか?高級な新車だったらどうですか?自分の子供の命を救える治療費だったらどうですか?

価格自体に高い低いっていうのは存在しなくて、そのコンテンツやサービスの価値に対して価格の高い低いが存在するんですよね。先程の100万円の話と逆で、100円だったとしても駐車場の石ころは要らないと思うんです。駐車場の石ころ1つに100円だったら高いですよね。(・∀・)

価格を下げずに価値を上げる努力を

単純な金額の高低っていうのは無くて、自分の提供する価値に対して金額の高低があるっていうのはわかった。だけどまだ自分のコンテンツにこの価格は高いと思ってしまう。そんな方は、価格を下げすに価値を上げる努力をしましょう。

例えばライティングを指導するサービスだとしたら、ライティングが上手になるのは当たり前で、その先の仕事の紹介まで行えないか検討してみるとか。お客さんがそのサービスを通じて得たい未来に少しでも近づくために、なにかもっと出来ることは無いか。それを突き詰めて考えていきましょう。

コンテンツ・サービスへの自信

自分の提供するコンテンツやサービスは、お客さんに利益をもたらすように作り込まれていますか?出し惜しみしていることはありませんか?本当はこれをやればもっと成果や利益が出るのに、ちょっと面倒だから入れてないっていうモノは無いですか?

自分のコンテンツやサービスは、自分でもほしいと思えるものでなければ売れません。3年前の自分に自信をもって売れると思えるようになるまで、コンテンツは作り込みましょう。

結果責任を負い、行動責任を負ってもらう

コンテンツやサービスを提供しているけど、その人の行動が伴わなくて成果が出ず、結果的に自信を無くしてしまうっていうケースは往々にしてありますよね。

特にコンサル系のサービスを提供する場合は、「結果責任を自分が負い、行動責任を相手に負ってもらう」という関係性でありたいなと思っています。

どんなことも自責で考えるのが良いことだとは思うものの、自分が頑張って行動しても相手のためにならないことっていうのは多いんですよね。相手にそれを気づいてもらて、相手に行動してもらう必要があります。

そのために行動を促していく工夫を考えましょう。日々の日報を書いてもらうようにしたり、定期的にコミュニケーションを取ってお尻を叩く環境を作ったり。行動が伴ってくれば、自然と成果に近づいていき、少しずつ自信が生まれてくるはずです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)